ついクーラーに頼ってしまいます

毎年毎年、今年の夏はいつも以上に暑い!と言っているような気がしますが、今年の夏はとても暑いですね。私はお腹が弱いので、夜はお腹にタオルケットをかけて寝ているのですが、朝起きたらタオルケットは床に落ちているしお腹は丸出しです。

また、クーラーの風もあまり得意ではないので、できるだけ自然の風や扇風機を使うようにしていますが、あまりに熱く、ついついクーラーのリモコンに手が伸びてしまいます。

朝の時点で気温が30度を超えるので我慢ができません。クーラーの光熱費って思っているよりずっと安いそうですし、我慢して室内で熱中症になったという話を聞くことがあるので、まあいいかなあ、と自分を納得させています。

クーラーの困ったところは、部屋の外に出る気がなくなってしまうところですよね。部屋の中が涼しくて快適なぶん、余計に外が熱く感じます。

トイレにお風呂、と必要最低限のこと以外はしたくなくなっちゃいます。私は料理をつくるのが好きなのですが、料理へのやる気もなくなってついついレトルトや冷凍食品に頼ってしまいますね。

ダメだ、とわかってはいますが、一度快適な空間を知ってしまったら、そこから抜け出すのはなかなか難しいです。明日の気温は35度を超えるそうなので、明日もクーラーに頼ってしまうと思います。